RECENT ENTRY

→2009.02.22(Sun) 18:47:07 牙のレガリア⑧

→2009.02.18(Wed) 21:05:16 完成ー

→2009.02.08(Sun) 21:38:56 おひさしぶりです。

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
112:修羅
2006.07.30
∞ジャスティス


comment(3)
trackback(0)
C.E.86幾多の戦場を生き抜いた英雄アスラン・ザラは復讐の鬼と化していた。
「あいつの仇を討てるのなら俺は何度でも修羅になる!!」
(これ、なんてハセヲ?笑)

ことの発端は遡ること4年、C.E.82。
連邦・ザフト・オーブは停戦状態となり友好関係を築き、平和な世界となっていた。
しかし、水面下では旧パトリック派の生き残りが世界に広がり、徐々にではあるが平和に飽きた人々の心に入り込んでいた。

そして、悲劇は起きた…

オーブ兵「敵襲ですっ!!」
カガリ「敵!?一体だれが!!
    ええい、敵の数は!?」
オーブ兵「300は超えていると思われます!!」
カガリ「300!?
    とにかく、全機発進だ!!
    キラ、頼んだぞ!!」
キラ「任せて。」


メイリン「ZGMF-X30Aフリーダム発進どうぞ!!」
キラ「キラヤマト、フリーダム発進します!!
   α隊は前線に出る!!
   全機、付いて来い!!」


そして、交戦が始まった…


キラ「くっ!!新型か!?なんて数だっ!!」
オーブ兵「ヤマト大将、数が多すぎます!!
     このままでは…
     うっ、うわぁぁああ!!」
キラ「引くわけには行かない!!後ろにはオーブがあるんだっ!!」






3時間後 -プラントにて-

街の巨大モニターにてオーブの状況が報道が流れる。
キャスター「本日の放送は予定を変更しまして、先ほどまで戦闘の続いていたオーブ連合首長国に関しての緊急放送を行います。」

アスラン「なっ、オーブで戦闘!?」





キャスター「…、なお今回の襲撃に関しては声明が発表されており、首謀者は前対戦の発端の原因とも言われるパトリック派の人間ということです。」

キャスター「え~、只今入りました情報によりますと…
      えっ、うそでしょ!?」

AD「本当です、そのまま続けてください。」

キャスター「オーブ連合首長国カガリ・ユラ・アスハ代表が戦死されたという情報が入ってまいりました。また、オーブ軍キラ・ヤマト大将は重体で病院に運ばれたということです。なお、詳しい情報に関しましては後ほどお伝えしていきます。」





アスラン「うっ、嘘だよな!?ちょっと待てよ…
     か、カガリが、は…ははは、嘘だって。
     嘘だぁぁぁぁあああああああああ!!!」




4年後-C.E.86-大戦艦ビッグフォースにて

「X-29A ジャスティス発進どうぞ!!」

アスラン「親父の亡霊…奴らに復讐できるのなら、どんな犠牲だってかまわない!!
俺は何度でも修羅になる!!」
(だから、なんてハセヲ?笑)

アスラン「アスラン・ザラ、ジャスティス出る!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はいはい、なんとも長ったらしい設定を書きました(笑

途中で2度ほど突っ込みはいってましたが、お気になさらず(笑

これがヴェンティノーヴェの設定です。

途中で○○ジャスティスって書こうとも思ったんですが、思いつきませんでした(TOT)

ではでは、また明日からテスト(泣)なので2日の夜にでもお会いしましょう^^

スポンサーサイト

 -ブログ内検索-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。